categories

selected entries

archives

recent comment

君の好きな歌

twitter

counter

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -





白馬の王子

20110414_220903.jpg
メリーゴーランドのお馬さん

卒展の思い出。





最後の作品

お疲れ様です。
もう一週間以上経ちましたがね、
知らぬ存ぜぬって顔して更新してみます。

卒展が、無事に昨日終了致しました。
たくさんの方に手に取っていただけたみたいで、
お褒めの言葉もいただいたりして
嬉しい限りです。
そして、私の友達もたくさん見に来てくれて
ただひたすら感涙でした。



こんなに大きなポスターを刷っていただいたのですよ。
何カ所か貼らせてもらいました。
学校をジャックしました。
規模的には地味にがんばってますよ、我々←


20110211_212852.jpg

1000部って結構すごいんですよ
でも、意外とそうでもないかなー
とも思えてくるのが不思議なところです。

20110214_223957.jpg


20110214_224023.jpg

20110214_224133.jpg

私たちのブースはこんな感じで、ちょっと座って読んでいただけるように
ソファを設置させていただきました。

壁には感想などを書いてもらって、貼っていってもらいました。




感想の方も、最初はほとんどなかったのが


20110214_224149.jpg

徐々に増えていって



20110214_224328.jpg

最後にはこんなにいただきました。
有り難い限りです。


20110214_224108.jpg

受付のそばにも設置させてもらいました。
(場所は撮影時からちょっと移動しました)


他の学科もすごく楽しく
刺激を受けるものばかりでした。
こういう感性を持った人たちがこれから活躍していくのかと思うと
日本はこれからきっと素敵になるはずです。


20110214_224203.jpg

20110214_224344.jpg

(イラ科がライブペインティングしてました)



20110214_225219.jpg

最初はピンとこなかったものが
どんどん自分のなかでハマっていく、
その時間の流れが楽しいのが
こういうクリエイターとして生きる醍醐味というか
言葉にすると、難しいですが。

20110214_225245.jpg


こんな感じで、ちゃんと広告を掲載させてもらいまして。
タワレコさん!嗚呼、RAD素敵!





20110214_224359.jpg




そして最後には楽しく打ち上げ。

ありがとうございました。
これからもがんばります。
と、手短ですが淡い青春の思い出
の一部でした。





ありがとう

取り急ぎ
卒展お疲れ様でした
来てくれた皆さんありがとう
楽しかったです

打ち上げで飲み過ぎた
あやち





卒業制作

20110211_212852.jpg
いよいよ明日となりました。

卒展でございます。


よろしくお願いします。

がんばりました。


思いも一塩です、
ネガティブなこというやつは知りません
協力いただいた皆様のためにも
たくさんの方に手にとってもらうのみです。





卒展

壁紙 210.jpg

おはようございます。
お疲れ様です。

来たる2月12日13日に
卒業制作展があります。
よかったら来て下さい。
フリーマガジン作ったんで。
取材とかやってるんで。
原稿とか書いてるんで。
展示ブースも凝ってるんで。
ええ、感慨深い作品です。
最後の最後です。

ももクロさんや小野さんや恒吉さんや
トリゴメさんや色々やらせてもらいましたね。
そりゃあもう、なんていうか。
がんばりましたよね。
みなさんお疲れ様です。
最後まであと僅か、やりきっちゃいましょう。



興味あるよー、行きたいよーなんて
詳細シソンヌキボンヌの方は
ご一報いただければ、
諸々連絡いたします。

では、かしこ





事後報告

20110131_015704.jpg
事後報告にはなりますが、
先日、就活で面接を受けてきました。

結果はまだですが、どうなることやら。
誰もが予想だにしなかった競争率でした。
20倍? ふたを開ければ色々で、
いまいち分からんですが、
事務所的にはイマイチ波長が掴めず
もし同じ編プロなら他に行きたいかも…
っていうのは我が儘でしょうが…


でも、本命の出版社に、
やっぱり受けることを決めました!
やるしかない、とりあえず
こなせることをこなし
ただやるばかり。
くすぶりもやめましょう。


前日には、前から決まってた舞台。
大好きな人たちに逢えて活力。
お馬鹿でよくすべる人は何故か
一人やさぐれ、俺様でしたが←
まだ一回しか話してない方が覚えててくれる
その神っぷりには涙。
これから一生ついていくことを決意
そしていつか恩返しが出来れば。
また恩人が増えた。


それから、メンバーがくれたトッポ。
スクールオブロックの仕様で、
やしろさんだた、
Dさんがよかた。笑
嬉しかったよ、ありがとう。





感謝と笑顔の花束を渡そう

20110116_021045.jpg

別に何がどうってわけでもないのだが。
妙に気恥ずかしくなってしまった。
大したことでもないのに。 

それはまた当たり前をぞんざいに
扱いかけていた証拠とも言えるかもしれない。
これからも永遠に続いてほしいのは、
その時間とか関係とか、幸せや
共に笑える価値観や泣けるツボ。
それが当たり前になれるほど日常に透過された
今はとても幸せなのかもしれない。
それに感謝して、また明日を生きる。

直接じゃなくて、ブログとかで言われると
改めて照れる。
メールでも恥ずかしかったけどね。
ふふは、内緒だぜ。
いや、ここまできたら内緒も何もないけど。
あたしはこういうことを仕事にしていて
彼女はそういうことを仕事にしている。
簡単なことですね。


戦友にはお世話になりっぱなし。
恥ずかしながら、そっちのジャンルの知識がないから
自分が知る限りの言葉や使えるニュアンス全てを駆使して
自分が作りたいと思うビジュアルを伝える。
「言葉」という道具を使って。
それを汲み取って作品にするのがその仕事をする人の務めでもあるが
汲み取ってもらえる段階まで仕上げるのはこちらの役目。
その役目を果たせたのかと言えば疑問は残るが。
だけれど、頼んだ側としては理想的なものが出来上がった気がしてならない。
問題はこれから先、その戦友の作品と私の作品がきちんと
マッチして、誌面として出来上がることだけである。
そういう一人では出来ない仕事をするってなんだかすごく重みがある
そしてやりがいがある。
だから私は投げ出さずにここまでこれたと信じてやまない。
メンバーで一つのものを作り上げる、
カメラマンやデザイナー、インタビュー相手がいて
成り立つのが雑誌であるのだから。
そして最後に、辿り着くのは読者の手元。



ライターという仕事は向き不向きがある。
話術が巧みで相手から気持ちよくいくつも話を引き出せる
そんな編集者はきっと相手にも好かれるだろうし
原稿のネタに困ることはない。
但し文才がなければ意味はないが。
相手が仏頂面で返答が少なくても、臨機応変に質問し
色々な答えをもらう、そしてそれを上手く料理して
原稿を仕上げる、それがプロなんだろうな、と痛感した。
私は話術も文才もまだまだ未熟。
しかし褒めてくれる人がいることを忘れてはならい。
恥ずかしながら、ね。
また少し、自身がついたので、
一歩踏み出す勇気が出た気がします。



フリーペーパー制作も佳境です。
ん、違うのかな。
でも今月が山場で、来月には卒展です。
興味がある方は是非きて下さい。
アカウントは「yutori48」です。
来週は声優さんに取材です。




写真は、最近新たに設けたお気に入りのコーナーです。
カーテンレールの上の余った部分に
好きな切り抜きとか貼ってるんですが、
1年のときに一眼レフ撮影して、自分で暗室で現像した
写真を貼ってみました。
思い出として、
自分の初心を忘れないためにも、
カメラが好きだって改めて気付いたので、
日常の幸せな気がして。

部屋に誰呼ぶでもないし、
誰に何か言われるわけでもないので
自分で語ります←

お気に入りの二枚です。
どちらも愛犬の写真ですが
全く対照的な雰囲気と、
絶妙な感じがお気に入りです。
右は散歩途中の、近所の犬とのツーショット。
何故か近所の犬のがカメラを向いてくれて、
しかもぶれてなくて、で、うちの犬は
どっか向いてるって言うマイペースな感じが好きです。

左は同じく散歩中なんですが
後ろの方に歩いてるサラリーマン。
そのサラリーマンの影がなんだか淋しげで哀愁が漂って、
そんな日常だけれどそれすら関係なさそうに散歩している
うちの犬が振り向いてる、なんかそのギャップが好きです。
この写真はフォトの先生にも褒められた作品なので
大切にしようと思ってます。

自分がもっと現像の才能があれば、色々明るさとか
調整出来たんでしょうけど、何もないので
ただ言われたおりに、普通に現像しただけです。
それでも、これだけ綺麗に見れたら私は幸せです。
素人だからこそ出せる味ですね。←


その隣では世界の終わりが
天使と悪魔を謳ってる。

「答えが一つしかないから数学が嫌い」
って言った子がいた。
「答えが一つしかない」と聞けばなんとなく聞こえはいい。
では、「国語は答えが幾つもあるから嫌い」
と答えたら?
答えが多いのは逃げ道があるという風には捉えられないかい?
答えとは、本当は幾つが正しいの?
「ケースバイケース」
と答えたら、顰蹙を買うだろうか。

答えはきっと幾つもある。
その人が答えだと思ったものが
正しいのだから、それが答え。
ぼんやりと朧げにある答え、
それを信じて進めばいいんだと思う。
進んだ先で、答えの輪郭が改めて見えてくると思う。

「答えの数」についての答えは、まだまだ
謎のまま、暫くは解けそうにない。





レンズの向こうにみえるもの

20110109_175152.jpg


探し物してたらふと出て来た。
懐かしいなぁ、としんみりしてしまった。
多分もうすぐみんなと離ればなれになっちゃうから、
あれからもう2年が経つから。
理由は色々あるんだろう。
カメラは一眼が好きだ。


色褪せないで、このまま
最高の思い出でいるに違いない
この二年間。





ターゲット

101202_0213~01.jpg
今回のコラージュ
結構がんばったわヨ

お気に入り!←
って言ったら
笑われるだろうナ





よろしくね

ワタクシめの学校で
卒展の授業が始まりました。


それに伴いプロモーションで
ツイッターのアカウントを取得しました
ので、フォローしていただける方がいましたら
フォローしていただければ幸いです。

今のところアカウント名は
「yutori48」でございます。
よろしゅう願います。




フリーペーパー作るのよ。





| 1/28PAGES | >>